メインメニュー

サブメニュー

Auto CADとは

建築業や工業などで活躍している「CAD(キャド)」とは、Computer Aided(Assisted) Designの略語です。その名の通りコンピュータを使った設計支援ツールのことで、特に「AutoCAD」は建築・機械・土木分野においてもっともスタンダードなソフトウェアとして認知されています。

CADにもいくつかの種類がありますが、AutoCADは世界でもっとも名前が知られているソフトです。3Dによる立体図面の描画やそこからのアニメーション作成、インストール後のカスタマイズが可能な点など、使いやすさや汎用性の高さが考慮されている点も魅力的です。

CADは手描きで描かれた図面とは違って、元のデータをいつまでも保存しておける、データの受け渡しが容易であるというメリットがあります。またAutoCADという汎用性の高いソフトウェアを学べば、複数の分野にまたがって業務をこなすことも不可能ではありません。

これからCADを始めよう、もしくは乗り換えようと考えられている方は、使えば使うほどAutoCADの便利さに気が付くことでしょう。インターネット上にも多くの解説サイトやホームページがあるので、分からない部分や専門的な技を身に付けることもできます。

はじめのうちは使い慣れない部分もありますが、描きあげた図面はエクセルやワードに貼り付けたり、PDFへ書き出すこともできます。他ソフトとの互換が利くところもAutoCADを使用するメリットの一つです。